--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-10-10

■若旦那の大阪旅

連休中に大阪へ旅行。
大阪一番の繁華街「ミナミ」にある「心斎橋商店街」
ボリュームでも質でも恐らく日本一の商店街では …。
ず~っと先まで店舗がビッシリ。そして通路には、人、ひと、ヒトがいっぱい。
すごい活気が伝わってきました。
戎橋を渡るとすぐに有名なグリコのネオンが目に飛び込んできます。

グリコ
           お約束のグリコのネオン前でハイチーズ

新聞
                大ファンだった岡八郎さんの記事

夜は、笑いの宮殿「なんばグランド花月」で吉本新喜劇を観劇。

大ファンだった「クッサ~」の岡八郎さん、
「ええか、そこだけは絶対に開けたらあかんぞ」の花紀京さん、
「・・・じゃ あ~りませんか」のチャーリー浜さん、
「今日はこれくらいにしといたる」の池めだかさん、
          ・
          ・
          ・
数えたらキリないくらい新喜劇のスター達。

笑わせる事、楽しませる事を徹底追求、、、
「お客様に対してのサービス心、もてなし心」を痛感しました。

くるよ
           グランド花月前で“今くるよ人形”と2ショット

新世界商店会は、昔懐かしい景色がいっぱい。
囲碁・将棋クラブ、スマートボール店なども点在。
「フグ料理づぼらや」近くの「横綱」で串カツと生ビールをグゥ~イ。
旨かったなぁ~。

通天閣
                 通天閣を背景に

大阪城は、混乱の歴史を刻んできました。
豊臣時代の大阪城は、現在の4倍の広さだったそうです。
秀吉没後1615年に夏の陣で落城。
二代目将軍徳川秀忠により1620年再築された。
1665年落雷により天守閣を全焼。
1931年市民の熱意で天守閣を復興し現在に至っています。

大阪城
              再興された大阪城天守閣

スポンサーサイト

2012-10-01

■若旦那からのご案内

昨日、福岡市博物館で開催されている「井上清助の世界」展に行ってきた。
明治・大正期の博多人形師で、アイデアマンで人形プロデューサーとして
知られた井上清助(1867~1922)は博多人形業界の恩人の一人とされている。

井上清助

今回の展示では、その挑戦や改革に取り組んだ業績を、まとめて紹介してあった。
井上氏が研究した石こう型を使った人形制作は、博多人形の量産を可能にした。
また、洋画家矢田一嘯(いっしょう)、南画家上田鉄耕(てっこう)らを招き
人形師の“勉強会”を開いて、広くレベルアップも図った。
今回、展示してあったのは 教材としての人形「世界人類風俗人形」や
「日本歴代服飾模型」、それに「世界風俗陶板」など約70点。
「日本髪容(かみかた)の標本」は“生人形”のようなリアルな造形。

標本

井上氏から制作を依頼され、原型を彫った人形師達の
確かな技術と高い感性の作品群は一見の価値ありです。
博多人形ファンの方々は、是非のご来場を ・・・

2012-10-01

■若旦那の秋

台風17号は、各地に被害をもたらせましたが、
自然は私どもに厳しい側面ばかりを与えているわけではありません。
心休まるシーンにも出会う事ができます。

中秋の名月

そのひとつが、満月です。
中秋の名月は、お伽の世界、安寧の世界へ私どもをやさしく包み込んでくれます。
昨夜の雲間の満月も最高でしたね。
今朝は、6時頃まで楽しませてくれました。

プロフィール

博多の若旦那

Author:博多の若旦那
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。