--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-09-21

【博多の若旦那ちゃ、どげな人? こげな人!】

20日から秋の彼岸の入りです。
みなさんは、お彼岸をどのようにお過ごしですか?

昨日は、朝からお墓参りに行きました。
お墓は、中央区にある平尾霊園です。

別名、平尾霊園公園と云われている程、
広大で綺麗に整備され地域の方々の散歩コースにもなっています。
春には桜がたくさん咲きほこり「花見」も楽しめるんですよ。

自宅から近いので、何もない時にでも お墓には
若女将と一緒に「祖父母との会話」を楽しみによく出向きます。

若旦那は「年寄りっ子」でしたから祖父母には
大変可愛がられて育ちました。
もちろん 叱られた事など一度も記憶にありません。

8月に恵まれた初孫の報告を改めてしてきました。
きっと誰よりも喜んでくれていると思います。

お墓


素晴らしい青空だったので、秋を感じに郊外まで足を延ばしました。
一面は、黄金色の稲穂が頭をもたげて所々には真っ赤な彼岸花が
赤い帯のように連なっていました。

赤と黄金


久しぶりに秋の自然を満喫出来ました。

スポンサーサイト

2009-09-19

【博多の若旦那ちゃ、どげな人? こげな人!】

本年度から、若旦那も「インテリア博多人形展」の審査員の一人になりました。
その他の審査委員は、次の5名のそうそうたる方々です。

 グラフィックデザイナー               平松聖悟氏
 福岡教育大学名誉教授 彫刻家         柴田善二氏
 九州産業大学芸術学部講師 鋳金作家    遠藤喜代志氏
 インテリアコーディネーター            金縄砂子氏
 博多人形商工業共同組合理事長         武吉国明氏


インテリア展


緊張の中にも冷静に作品一点一点を吟味していきました。
若旦那は、梶原 正二氏作の「夢見お多福」に高い評価をしました。

審査終了後、インテリア博多人形展の出展作品についての
意見交換会がありました。
たくさんの意見が出、異業種のプロフェッショナルな方々との
コミニュケーションは大いに参考になりました。


夢見お多福
      第3回インテリア大賞(金賞)受賞作品

         作家名  梶原 正二氏
         品  名   夢見お多福

  【制作にあたって】
    二人の孫娘の寝顔をモチーフにし古典的なお多福にあえて小槌を持たせ
    幸せな夢ごこちの様を人形にしました。

  【若旦那の寸評】
    暗い厳しい世相の今日が、少しでも明るく幸せな日々なりますように…
    梶原氏のそんな強い思いが伝わってくるようです。
    古典的な色合いの中にも新しい感性がほとばしっています。

来年の「インテリア博多人形展」も大いに楽しみです!

この作品のお問い合わせは 博多人形のごとう 宛 お願いします。

2009-09-19

【博多の若旦那ちゃ、どげな人? こげな人!】

あるデパートの催事で「イタリア展」が開催されていました。

イタリアの歴史や文化が大好きな若女将は一目散に直行です。
多くのお客さんが来場されジェラードやチーズ等の食料品売り場は大混雑…。

伝統的手工芸のコーナーに目をやると「カメオ」が展示してあります。
そこには、ひとりの初老の職人さんがカメオにひたすら細工をされていました。
名前を確認すると Ottaviano Pasquale と記されていました。
思わず若女将は、近寄り声を掛けました。
一瞬 沈黙 そして 微笑み
イタリアンスタイルの両頬を摺り寄せエールの交換をし
10年ぶりの再会をお互いに喜び合いました。

「来福されている事を主人に伝えておきます」
翌日、若旦那も彼に会いに行きました。

彼の事は、すぐに判りましたが 若旦那をみて「ずいぶん肥ったんじゃない?」
若旦那は、親指と人差し指をわずかに広げ「ほんの少しだけ…」
お互いに顔を見合わせ大笑い…
そして、思い出に記念写真を一枚。


Ottaviano(2).jpg
                 オッタビアーノ氏&若旦那

「きっと来てくれると思っていたよ」と
彼からは、指の爪程の大きさのカメオをプレゼント。
「これで奥様の指を飾ってください」そして「いつまでもお幸せに…」
イタリア人って投げかける言葉まで、ほんとにお洒落で素敵ですね。


カメオ
             オリジナルで指輪を制作

今から13年前 Mr.Ottaviano とは、 福岡でカメオ展が開催された時に
お互いが伝統工芸品に関わっている事で親しくなりました。
その後来福時には、ご多忙の中何度も「人形のごとう」にご来店され
博多人形を見て絶賛、そして博多人形を数点お買い上げ頂きました。

また、「イタリアにお越しの際は是非自宅に寄ってください」と
Mr.Ottavianoの自宅の住所も教えてくださいました。
そのメモは、大切に取っておくつもりです。

■プロフィール
 「バスクアーレ オッタビアーノ氏」
  ナポリの偉大なカメオ作家・シャランカの工房にて修行。
  シェルカメオの彫りとコントラストに漂うアンティークな薫りが
  魅力のカメオ作家の第一人者。
プロフィール

博多の若旦那

Author:博多の若旦那
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。