--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-06-25

【博多の若旦那 心のビタミン剤】

 
  心が折れそうになった時、心が乾き過ぎた時ここに紹介する 
 “石川 洋” さんのメッゼージは若旦那に勇気とやる気をプレゼントしてくれます。
  少しづつ みなさまにも紹介してゆきます。 


 “ツキが落ちても あきらめるな そこからの努力が 運をよぶ”  
 不思議なもので 成功した人は“運がよかった”といい
 不成功の人は “運が悪かった”とこぼすものである
 何が“幸運”で何が“不運”なのだろう

  運がよい人は“おかげ”を知り
  
  不運な人は“他の原因”にする
   
  この違いはどこで生まれてくるのか
  
  運に恵まれた人は 努力を惜しまなかった人であり

  運に見放された人は 自らあきらめた落伍者である

  “運は自分持ち”なのである
スポンサーサイト

tag :

2009-06-25

【博多の若旦那ちゃ、どげな人? こげな人!】

はじめまして。
ちっとも若くも無いのに何故か『博多の若旦那』
「博多人形のごとう」の三代目店主 後藤和範です。
何はともあれ、まずは 今後ともよろしくお願いします。


今日が記念すべく 若旦那、ブログ初デビューの日…
改まると何から書いたらいいのか、サッパリわかりません。
ホント文章書くって難しいもんですね。


あっ そうそう ちょうど季節柄 博多祇園山笠の季節です。
困った時の山笠頼み それも
幻の博多祇園山笠」南流れの話をしましょう。


若旦那は、ず~と、長い間博多祇園山笠に参加しています。
今から60年弱前は、
何と博多の町に山笠が十四流れあった時期があったんです。

若旦那は創設されたばかりの「南流れ」に参加しておりました。
と云っても当時まだ0歳だったのですが…
 
博多部からすると南のエリアである渡辺通り一丁目付近、
現在の清川地区が中心でした。
だから「南流れ」とネーミングされたそうです。

しかし、残念ながらわずか3年間で消滅、、、、
その名残で今尚「ホテルニューオータニ前」に飾り山笠
十四番山笠「渡辺通り1丁目流れ」が建っています。
6本ある舁棒それぞれに「昭和二十七年五月造之」と
彫刻してあります。

南流舁棒


その舁棒には深いキズやひび割れがたくさん…
まさに、「つわものどもの夢のあと」です。
 
棒のキズのひとつひとつには、
当時の男達の魂や汗がしみ込んでいるような気がします。

当時活気ある繁華街であった清川地区の歴史と
パワーを感じ取ることが出来ますよ。

ホテルニューオータニの近くにお越しの際には
素晴らしい飾り山笠の人形をご覧になる事はもちろん なんですが、
是非、その舁棒に秘められた半世紀以上前の歴史をあなたの目で
確認されませんか?

テーマ : 思うこと
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 人形のごとう 博多山笠

プロフィール

博多の若旦那

Author:博多の若旦那
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。